新規計画始動

東京で新築住宅の計画が始まりました。

新しく開発、分譲された袋小路(私道)の先にある旗竿地で、敷地に入ると旗竿地ならではの囲われた感覚がありつつも、周辺とのレベル差による視線の抜けも感じられる敷地です。

周辺の区画はハウスメーカーによる建売住宅の工事が既に進行しており、なんだか不思議なコンテクストになってきました。

やりがいのある敷地で進めていくのが楽しみです!

©2020 archidivision